当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

蚊対策として寝る時のおすすめは?赤ちゃんや子供に優しい対策はある?

日常

蚊対策として寝る時のおすすめ、赤ちゃんや子供に優しい対策はあるのかについてまとめました☆

毎年梅雨時期から増え始める蚊に悩まされる時期が来ましたね(;´・ω・)
安眠を妨害してくる蚊への対策として寝る時のおすすめ対策、赤ちゃんや子供にも優しい対策はあるのかについて気になりますよね。

この記事では

  • 蚊対策として寝る時のおすすめ
  • 蚊対策として赤ちゃんや子供に優しい対策はあるのか

についてわかりやすくお知らせします。詳しくは本文でお伝えしていますので、ぜひご覧ください。

蚊対策として寝る時のおすすめは?

 

蚊対策として寝る時のおすすめは以下の通りです。

  • 蚊帳を使用する
  • 蚊取り線香や虫除けスプレーを使用する
  • 部屋を換気する
  • 着衣や寝具の選択
  • 蚊の繁殖源を排除する

蚊対策として寝る時のおすすめは、蚊が快適だと感じる環境を作らないことにあります(*’ω’*)

どういうことか1つずつ見ていきましょうね。

蚊帳を使用する

蚊帳は蚊や他の昆虫から身を守るための効果的な方法です。寝る前にベッドや寝具に蚊帳をかけておくと、蚊が寝室に侵入するのを防ぐことができます。

蚊帳は寝る場所の周りをしっかりと閉じることができるタイプを選ぶと効果が高いですよ。

蚊取り線香や虫除けスプレーを使用する

寝る前に蚊取り線香や虫除けスプレーを使用することで、蚊を寄せ付けない効果があります。
部屋の中や寝具の周りに虫除けスプレーをまんべんなく噴霧し、蚊が近づきにくくすることができますよ。

部屋を換気する

蚊は湿度・温度の高い場所を好むため、寝る前に部屋をしっかりと換気して涼しく保つことが重要です。また換気口や窓には蚊が入り込まないように、網戸や虫除けネットを使用することも有効です。

着衣や寝具の選択

蚊は暗い色や肌の露出部分を好むため、寝るときに明るい色のパジャマや寝具を使用すると蚊に狙われにくくなると言われています。できるだけ長袖や長ズボンを着用して肌を露出させないようにすると、蚊に刺されるリスクを減らすことができますよ。

蚊の繁殖源を排除する

寝室周辺にある蚊の繁殖源を取り除くことも重要です。
蚊は水たまりや水の溜まる場所で卵を産み、幼虫となって成長します。寝室周辺の水をしっかりと拭き取り、花瓶やプランターなどの水が溜まりやすい場所をチェックして蚊の繁殖を防ぐようにしましょう。

これらを行うだけでかなり効果はありますよ(*’ω’*)
ただ『まだまだ生ぬるい』と思われる方は、さらに以下の対策を追加するとさらに効果が上がります。

蚊取り器・電気蚊取り線香を使用

寝室に蚊取り器や電気蚊取り線香を設置することで、寝ている間に蚊を捕まえることができます。蚊取り器には、蚊を引き寄せる特殊な光や香りが備わっており、効果的に蚊を捕まえることができますよ。

室内の湿度管理

蚊は湿度の高い環境を好むため、室内の湿度を適切に管理することも重要です。
除湿器を使用して湿度を上げすぎないようにして、適度な湿度を保つことで蚊の活動を抑えることができますよ。

エアコンを使用

エアコンを使用して室温を下げることで蚊の活動を抑えることができます。エアコンを使って寝室の室温を下げれば、そこにいる蚊にとっては心地よい環境とは言えなくなります。蚊は人間の体温や呼吸に引き寄せられる習性がありますが、動きが鈍くなれば吸血はしにくくなりますよ。

自然の忌避剤を利用

レモングラスやユーカリなどの自然の忌避剤を使用することも効果的です。
これらの植物のエッセンシャルオイルを含んだ製品を使用するか自宅の周りにこれらの植物を植えることで、蚊を寄せ付けない効果がありますよ。
おすすめの蚊対策として、蚊の好むような環境を作らないことはポイントなんですね。まずは蚊帳の使用や長袖の着用をするなどして物理的に蚊との接触を減らすことが大切ですよ。
またエアコンなどで室温・湿度の調整をすることも大切ですが、寒すぎて眠れないという方には「扇風機」も有効ですよ。
「扇風機」の風で蚊は飛行困難になる上に、私たちから吐き出される二酸化炭素なども散らしてくれます。そのため寝ている時の蚊対策としてはかなり効果がありますよ。
エアコン&暑いのがニガテという方は、ぜひとも「扇風機」も使ってみてくださいね。

蚊対策として赤ちゃんや子供に優しい対策はある?

蚊対策として赤ちゃんや子供に優しい対策はあるのかについては以下の通りです。

ベビーセーフな蚊帳を使用

赤ちゃんや子供の寝床には蚊帳を設置することで蚊から大切なお子様を守るのには有効です。

ただし蚊帳の素材や加工剤に注意して子供に安全なものを選ぶことが重要ですよ。蚊帳の取り付ける際には、しっかりと安全に固定されているかどうか確認してくださいね。

自然由来の虫除け剤を使用

赤ちゃんや子供には自然由来の虫除け剤を使用することをおすすめします。

柑橘系の香りや天然成分から作られた製品を選ぶと一般的な化学的な虫除けスプレーなどよりも肌に優しく安全、かつ蚊対策の効果を得ることができますよ。

長袖・長ズボンの着用

赤ちゃんや子供には、蚊に刺されないように長袖のシャツや長ズボンを着せることが重要です。特に夜間は蚊の活動が活発になるため、就寝時には寝具に袖や足首をしっかりと隠すようにしましょう。

蚊は露出しているところならばどこでも刺してきます。大切なお子様が「痒い痒い」にならないように、しっかり対策をしていきましょうね。

蚊取り線香や電気蚊取り器の安全な使用

赤ちゃんや子供がいる部屋で蚊取り線香を使用する場合は十分に換気を行い、子供が直接触れることのない安全な場所に置いてください。また電気蚊取り器を使用する場合もコードやプラグが子供に届かないように配置して、安全な場所で使用してくださいね。

屋内の環境整備

赤ちゃんや子供のいる部屋では蚊の繁殖源をなくすために、水たまりや水が溜まりやすい場所を適切に管理しましょう。水の溜まりやすい容器やプランターには蚊が産卵しないように注意して、水をこまめに交換するか水を使わない方法で植物を育てることも検討してくださいね。

室内の清潔を保つ

蚊は湿った環境や汚れた場所を好む傾向があります。
赤ちゃんや子供のいる部屋では定期的な掃除や換気を行い、室内の清潔を保つことが重要ですよ。床・壁・寝具などに溜まったほこりや汚れを取り除き、蚊の潜む場所を減らしましょう。

天然の忌避剤の使用

天然由来の忌避剤を使用することも赤ちゃんや子供にやさしい蚊の対策方法です。
例えばレモングラスやユーカリなどの植物のエッセンシャルオイルを含んだ製品やこれらの植物自体を部屋に置くことで、蚊を寄せ付けにくくすることができます。

ただし赤ちゃんや子供の肌に直接つける場合は、製品の指示に従って正しく使用してください。基本的に肌に直接触れるものは肌の弱い赤ちゃん・子供はかぶれやすいですので、極力最終手段として使用しましょうね。

無着火式の蚊取り剤を利用する

無着火式の蚊取り剤は火を使わずに蚊を忌避するタイプの製品のため、火の危険性が少なくて赤ちゃんや子供のいる場所で使用する際に安全です。

ただし使用する際には製品の指示に従い、適切な場所に置いて使用してくださいね。

専用のベビーローションを使用する

赤ちゃん用のベビーローションには虫除け成分が含まれているものがあります。これらの製品を使用することで、保湿と同時に蚊から守ることができます。

ただし赤ちゃんの肌は敏感でアレルギー反応を引き起こす場合があるため、使用する前にパッチテストを行って肌に異常がないことを確認してくださいね。

赤ちゃんや子供に対する蚊の対策では「安全性」と「効果」を両立させることが重要です。まずは環境を整えることから始めて、それでも刺されてしまう場合には肌に塗布するものを検討していきましょう。

赤ちゃんや子供の頃は蚊に刺されるとぷくっと大きく腫れてしまう場合もあります。これは小さなお子様に多いようなのですが、その際は慌てずに痒がるようなら保冷剤で冷やしてあげましょう。

あまりに腫れがひどい場合は、お近くの皮膚科を受診されることをおすすめします。かゆみ止めのお薬を塗れば市販薬よりもよく効きますし、何より私たちが安心しますよね(*’ω’*)

ちなみに大きく腫れてしまうのはお子様だけでなく、大人の方でもたまにあります。
こちらも慌てずにまずは冷やしてみて、腫れがひどければまずお近くの皮膚科に受診しましょう。

蚊対策として寝る時のおすすめまとめ

  • 蚊の好む環境を作らないようにする
  • 赤ちゃん・子供の肌は弱いため肌に塗布するものは最終手段とする

以上のことがわかりました。

梅雨時期から増え始める蚊は、これから夏に向けてシーズンを迎えます。耳元で飛ばれる「プ〜ンッ!」という羽音ほどイヤなものはありませんよね(;´・ω・)

特に自分以外気にするものがなければ電気をつけて仕留めるまで粘ることも出来ますが、環境的にそうはできない方もいらっしゃいますよね。

そういう方はまず事前に蚊の好まない環境を作るのが効果的ですよ。
今年の夏も快適に過ごしていきたい方は、まずできるところから環境を整えていきましょうね。

寝る時の蚊対策を万全に行い、今年の夏も安眠を手に入れましょう。

タイトルとURLをコピーしました