当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

七草粥いつ食べるのか朝昼夜ベストタイミングは?食べないとダメ?

イベント

七草粥いつ食べるのか朝昼夜ベストタイミング、食べないとダメなのかについて記事にしました☆

1月7日といえば「七草粥」ですよね。七草粥といえば『お正月を過ぎた頃に出される食べ物』という印象がありますが、一体いつ食べるのがベストタイミングなのか迷われる方も多いのではないでしょうか。

この記事では

  • 七草粥いつ食べるのか朝昼夜ベストタイミングはいつ
  • 七草粥は食べないとダメ

についてわかりやすくお知らせします。詳しくは本文でお伝えしていますので、ぜひご覧ください。

七草粥いつ食べるのか朝昼夜ベストタイミングは?

七草粥いつ食べるのか朝昼夜ベストタイミングについて、

  • 毎年1月7日
  • 朝食べるのがベスト

とされています。

1年の最初の節句『人日(じんじつ)の節句』に七草粥を食べることで、邪気を払い万病を除くという言い伝えがあります。そのため今でも1月7日には広く七草粥を食べる風習が続いているんですよ。

「七草」といえば葉物ばかりで、中には道に普通に生えているものも含まれていますよね。ただ…昔は冬になると取れる野菜が少なかったことから、たくさんの栄養素が含まれているとされる「七草」はかなり貴重な食材だったんですよ。

また習わしとしては「朝」に食べるのがベストとされています。これに関しても昔の風習から来ていると考えられますよ。

『人日(じんじつ)の節句』とは元々中国の方から伝わってきたものです。前漢の時代には

[元日]鶏の日
[2日]狗(犬)の日
[3日]猪(豚)の日
[4日]羊の日
[5日]牛の日
[6日]馬の日
[7日]人の日

として、1月8日にそれぞれの運勢を占っていました。

また唐の時代には1月7日に7種類の若菜を入れた汁物を食べて『無病息災』を願うようになりました。さらに役人の人事を1月7日に決めていたことから、7日の朝に7種類の若菜を入れた汁物をいただいて、『立身出世』を願ったともいわれています。

このように、1月7日は『人の日』として特別視されていたことがわかりますね。

そしてこの風習が奈良時代に日本に伝わって来た際には、「若草摘み」という年の初めに若菜を摘んでいただくことで生命力をつけるという風習や、7種類の穀物でお粥を作る「七種粥」の風習などと結びついたと言われています。このことから私たちの生活にもすんなりと受け入れられていったようですね。

その後は江戸時代に『人日(じんじつ)の節句』が五節句の1つとして定められ、今でもその風習が伝わっているんですね。

ただ今現在はそこまでカッチカチに決められたルールというのはありません。朝に食べられなかったからといって、何か悪いということはありませんので安心してください。

もちろん昼でも夜でも食べられるときに食べて大丈夫となっていますので、ご自身がいただけるタイミングで七草粥を召し上がってくださいね。

七草粥食べないとダメ?

七草粥食べないとダメなのかについて、

ダメということはありません

七草粥を食べないといけないなんて決まりはありませんので、いただかなかったとしても特別悪いことはありませんよ。

七草粥を食べる意味としては、あくまで新しく芽吹いた七草の息吹を食べることで自分のカラダに生命力を取り込み『無病息災』を願うというだけのものです。そのため必ず食べなければならないものではありませんので、「食べないとダメなんだ…」なんて気負う必要はありませんよ。

その証拠に五節句すべてにおいて、きちんとすべて行っているかといえば…かなり難しいと思いますよ。

[1月7日:人日の節句]七草粥
[3月3日:上巳の節句]菱餅/桃酒/ちらし寿司
[5月5日:端午の節句]かしわもち/ちまき
[7月7日:七夕の節句※]素麺
[9月9日:重陽の節句]菊酒

日本の五節句にはそれぞれ「行事食」というものがあります。上記でお伝えしているのが、各節句における代表的な「行事食」ではあるのですが…すべてきちんとこなすなんて難しいですよね。

つまりやるもやらないも、その人次第というわけなんですよ。もちろん縁起を担ぐことは悪いことではありませんし、気持ち的にラクになるようであれば七草粥をいただいて『無病息災』を願うのも悪くありません。

ただやらなかったからといってその人が年中不健康であったかといえば、そういうわけでもないですよね。逆に七草粥を食べたからといって、その人が年中健康であったかということもありません。

このことから食べないとダメということはありませんので、ご自身のしたいようにされていいと思いますよ。

七草粥いつ食べるまとめ

  • 毎年1月7日に食べる
  • 朝食べるのがベスト
  • 食べないとダメということはない

以上のことがわかりました。

毎年1月7日になると「七草粥」と目にする機会が増えて『食べなきゃいけないのかな…』と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。けどこちらはあくまでご自身がしたいようにすればよいと思いますよ。

また必ず朝に食べなければいけないなんて決まりもありませんので、とにかく気負わずにやれることをしていきましょうね。




タイトルとURLをコピーしました