当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

皇居一般参賀2024最前列で見る方法ある?気を付けることは?

皇居一般参賀2024最前列で見る方法ある?気を付けることは? イベント

皇居一般参賀2024最前列で見る方法あるのか、気を付けることについてまとめました☆

皇居にて新年一般参賀が2024年1月2日(火)に開催されます。こちらは毎年多くの方が訪れる人気の行事であり、天皇陛下のお言葉を直接耳にすることができるのはもちろん、皇族の方々を間近で見られる貴重な機会なんですよ(*’ω’*)

この記事では

  • 皇居一般参賀2024最前列で見る方法ある
  • 皇居一般参賀2024気を付けること

についてわかりやすくお知らせします。詳しくは本文でお伝えしていますので、ぜひご覧ください。

皇居一般参賀2024最前列で見る方法ある?

皇居一般参賀2024最前列で見る方法については

早く行く

かなり王道ではありますが…皇居で行われる一般参賀2024をより近くで見たい場合は、やはり早く行くと前の方で見られる確率は高くなりますよ。

ただ早い方は前日からいらっしゃっている方もいるようですので、なかなかこの情熱には勝てませんよね(;^ω^)もちろん私たちは前日から並ぶなんて厳しいことはできません。

じゃあ早く行っても見られないの?

私たちが狙うべきは2回目以降になります。

実は一般参賀は1日に5回行われるのですが、1回約10分ほどの所要時間となっています。そして参賀が終わるごとに次の方へと入れ替えとなるのですが…この時に退場せずに前に移動して、次の一般参賀にも参加してしまいましょう。

本来は1回ごとの入替制ですので、自分が参加した回が終了したら速やかに立ち去らなければなりません。ただ中には朝から晩までずっと一般参賀に参加し続ける熱心な皇室ファンというのがいます。さすがに警察もそこまで規制することはできないため、そのまま居続けているようです。

そういう方たちが前を陣取っていてなかなか最前列というのは難しいかもしれませんが…次の回にも参加させていただいて、良い場所で一般参賀に参加することはできる確率は高いですよ。

ただ後ろにはたくさんの方が待っていますので、その方たちへの配慮を忘れてはいけません。次の回を良い場所で参加できたら、次の方のためにその場所を譲りましょうね。

せっかく行くのですからできれば良い場所で見たいですよね。『近くで見るためにはこういう方法もあるんだ』と知ると、一般参賀も少し身近に感じられます。

ただ一般参賀に参加するには、会場に入るまでに気を付けなければいけないことがあるのをご存知ですか?

皇居一般参賀2024気を付けることは?

皇居一般参賀2024気を付けることは…

セキュリティが厳しいため会場に入るまでに時間がかかる(;´・ω・)

ということを覚えておいた方がいいですよ。

実は一般参賀参加者には会場に入る前に『手荷物検査』『ボディチェック』があります。これに結構時間がかかってしまうんですよ。

新年一般参賀ですと、会場に入るまでに列に並びながら『手荷物検査』『ボディチェック』を通過するのに40分〜1時間ほどかかってしまうこともあります。これはかなりの時間ロスですよね。

この『手荷物検査』『ボディチェック』を少しでもスムーズにかつスピーディーに抜けたいと考えている方は、以下の点に注意してください。

手荷物を持たないで行く

なかなか難しいかもしれませんが、できるだけ最小限の荷物だけを持って行くことを心掛けましょう。もし可能であれば携帯・財布だけを持って、カバンなどは持たずに行ければベストですよ。

会場に入るためにまずは『手荷物検査』を受けてから『ボディチェック』に入ります。その際にカバンを持っていなかったとしたら…この『手荷物検査』をパスすることができるんですよ。

つまり『手荷物検査』の列に並ばずに次の『ボディチェック』に進むことができて、かなりの時短に繋がるんです。これをするだけで会場に入る時間を短縮し、少しでも早く一般参賀の会場に行くことはできるかと思いますよ。

皇居一般参賀2024最前列で見る方法まとめ

  • 早く行く/次の回にも参加する
  • 手荷物は持たない方が時短に繋がる

以上のことがわかりました。

皇居で行われる一般参賀2024を最前列で見るには、早く会場へ足を運ぶなどの努力が必要です(;^ω^)ただこれを頑張ることができれば、良い場所で一般参賀2024に参加することができるかもしれません。

新年早々に人混みで疲れてしまうかもしれませんが、せっかく行くなら良い場所で見たいですよね。どうせ行くなら少しだけ頑張ってみるにはいかがでしょうか。

皇居一般参賀2024最前列で見たいと考えている方は、こちらの方法を参考にステキな1日にしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました