当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

VIVANT最終回で乃木がノコルの言ったこうてんとは?意味は何?

エンタメ

VIVANT最終回で乃木がノコルの言ったこうてんとは、意味は何なのかについてまとめました♪

ドラマ『VIVANT』最終回が2023年9月17日(日)に放送されました。その中で乃木がノコルに言った言葉がなんだったのか、SNS上でかなり話題になっています(*’ω’*)

この記事では

  • VIVANT最終回で乃木がノコルの言ったこうてんとは
  • VIVANT最終回で乃木がノコルの言ったこうてんの意味は何なのか

についてわかりやすくお知らせします。詳しくは本文でお伝えしていますので、ぜひご覧ください。

VIVANT最終回で乃木がノコルの言ったこうてんとは?

VIVANT最終回で乃木がノコルの言った「こうてん〜」とは以下の言葉になります。

皇天親無く惟徳を是輔く
こうてんしんなくただとくをこれたすく

VIVANT最終回で乃木がノコルの言った「こうてん〜」とは、こんな言葉を伝えていたんですね。

あまりにも乃木さんがペラペラ喋り出すものだから、聞き取れなかった方もたくさんいらっしゃったのではないでしょうか(;^ω^)むしろこれを聞き取れた人はかなりすごいですよ。

怒涛の展開で最終回を駆け抜けたドラマ『VIVANT』でしたが、何やら次回作があるのではと思わせてくれるような終わり方でしたね。その中で、誰もがみんな幸せになればいいと思いながら見続けた視聴者さんも多かったのではないでしょうか。

始めは乃木さんの気持ち、次に野崎さん、そして最後にテントに想いを馳せながらドラマを見ることになるとは思いませんでした。色んな想いや出来事が交錯してできた1つの壮大な物語に引き込まれてしまいましたよね。

そして毎回何かしらのサインを送り続ける乃木さんに私たちの頭は常にフル回転されられていました(;^ω^)

ただ最終回となる今回はそんなこと起こるはずが…と思う中での、乃木さんがノコルへ贈った意味深な言葉に「えぇっ!?」となりましたよね。

この言葉の意味するものとは何なのか、意味が気になりますよね。

VIVANT最終回で乃木がノコルの言ったこうてんの意味は何?

VIVANT最終回で乃木がノコルの言ったこうてんの意味は何なのかについては以下のようになっています。

天は公平で贔屓せず、徳のある人を助ける

皇天親無く惟徳を是輔く(こうてんしんなくただとくをこれたすく)という言葉には、このような意味があるんですよ。

このことから「日本に利があること」を一番に考える乃木さんは、バルカのために動いてきたベキ・バトラカ・ピヨの3人を殺してはいないのではないかと考えられます。

これについてはSNS上でもこんな声が挙がっていました。

いつも何かの合図を送り続けた乃木さんのことですので、無意味に発した言葉ではないということがわかりますよね。これは生きていると期待しても良さそうです。

頑張ってきた3人だからこそ幸せになってほしいという気持ちが強いですよね。やはり乃木さんはベキを生かしたのではないかと考えるのが妥当かと思われます。さらにこの方はVIVANT2を期待されています…これはみんな同じ気持ちですよね!


愛情深い乃木さんが「花をたむけるのはまだ先にする」といったセリフ…花をたむけるには早い=生きている、と考えて良さそうですね。

結局ドラマを見ていて、悪い奴らはどの国も上に立つ奴らばかりだったなぁという印象を受けました。そのため最終的には乃木・野崎・チンギス・ベキとどの立場にいる人たちも等しく全員が幸せになることを祈ってしまうという不思議なドラマでしたよね。

ただ本当に全編通して裏切られ続けたので、最終回の怒涛の展開&愛ある想い&不思議な繋がりには震えました。正直よくまとまったな〜という想いでいっぱいです(;^ω^)

ただ本当におもしろかったことには変わりありません!これはぜひとも続きを描いてほしいと強く願ってしまうようなドラマでした。

VIVANT最終回で乃木がノコルの言ったこうてんまとめ

  • 皇天親無く惟徳を是輔く(こうてんしんなくただとくをこれたすく)
  • [意味]天は公平で贔屓せず、徳のある人を助ける

以上のことがわかりました。

とうとう最終回の放送を終えてしまったドラマ『VIVANT』でしたが、色んなものが散りばめられていてかなり考えさせられました。毎回頭フル回転したのも新鮮でしたよね。

「敵か味方か、味方か敵か」という言葉がぴったりなほど、色んな人が様々な想いを持って物語を作り上げていました。最終回での共闘みたいな形にはかなりしびれましたね(*’ω’*)

ドラマ『VIVANT』、ぜひぜひ同じキャストで続きを見たいですね。

タイトルとURLをコピーしました