当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

オリンピックで監督(コーチ)もメダルもらえる?賞金はもらえるの?

オリンピックで監督(コーチ)もメダルもらえる?賞金はもらえるの? イベント

オリンピックで監督(コーチ)もメダルもらえるのか、賞金はもらえるのについてまとめました。

オリンピックでメダルを獲得した選手とともに二人三脚で練習を重ねてきた監督(コーチ)は、メダルをもらえるのでしょうか。またメダリストになったあかつきには、賞金などをもらうことができるのか気になりますよね。

この記事では

  • オリンピックで監督(コーチ)もメダルもらえる?賞金はもらえるの
  • オリンピックで監督(コーチ)も賞金はもらえるの

についてわかりやすくお知らせします。詳しくは本文でお伝えしていますので、ぜひご覧ください。

オリンピックで監督(コーチ)もメダルもらえる?

オリンピックで監督(コーチ)もメダルもらえるのかについては、

監督(コーチ)はメダルをもらえない

オリンピックでは監督(コーチ)にメダルの授与はありません。

基本的に監督(コーチ)は競技者ではないためにメダルが授与されません。これに関しては監督(コーチ)はチームを導く指導者であり、あくまで競技者とは異なる」という点が挙げられますよ。

オリンピック大会にはたくさんの国々が参加し、代表選手たちがさまざまな競技で己の技術を競い合います。個人競技・団体競技とともに選手と監督(コーチ)が一丸となって力を合わせ、その競技のトップを目指しています。

もちろん本番に臨む選手はあらゆるプレッシャーなどに打ち勝ってその競技の頂点を目指すわけですが…それを支え続けてきた監督(コーチ)も本来は褒めたたえられても良い存在ではありますよね。

しかしながらオリンピックにおいてメダルが授与されるのはあくまで選手までで、監督(コーチ)にはメダルの授与はされないんですよ。

これに関してはこれまでのオリンピック情報からも選手以外でメダルをもらったという監督(コーチ)が見つからなかったので、やはりもらえないんでしょうね。

メダルを獲得した選手がメダルを監督(コーチ)の首にかけてあげるというパフォーマンスには、

  • 監督(コーチ)の助けがあってこそのメダル獲得への感謝
  • 監督(コーチ)も選手と共に戦ってきた想いの強さ

といったものが含まれているのかもしれませんね。

この感謝の気持ちを込めて監督(コーチ)の首にメダルをかける選手が多いのかもしれません。

選手が頑張った結果としてメダルを獲得できたら、それは監督(コーチ)にとってもうれしいこと…ですが、やはり手元に目に見える功績が残らないというのも少し寂しい気がしますね。

オリンピックで監督(コーチ)も賞金はもらえるの?

オリンピックで監督(コーチ)も賞金はもらえるのかについては、

監督(コーチ)には賞金はない

メダルだけではなく、賞金に関してももらえないんですね。

メダリストを育成して指導する監督(コーチ)はアスリートの成功に欠かせない存在です。

監督(コーチ)の役割としては技術的な指導だけでなく精神的なサポートや戦略的なアドバイス、さらには日々のトレーニング環境の整備まで多岐にわたります。このことからアスリートの成功は監督(コーチ)の尽力の結果でもあると考えられますよね。

しかしながら監督(コーチ)に対する報奨金の支給については、制度的な整備が十分ではない場合が多いんですよ。

一部の競技団体やスポンサーが独自に報奨金を用意することはありますが、日本オリンピック委員会(JOC)や日本障がい者スポーツ協会(JPSA)などから直接的な報奨金が支給される制度は一般的ではありません。

この点に関してはアスリートと同様に監督(コーチ)の努力を評価し、報奨金を支給する仕組みがあっても良いところですよね。監督(コーチ)に対する報奨金の支給は、スポーツ全体の発展のためにも重要な要素だと考えられます。

というのも監督(コーチ)も経済的な支援を受けることでより質の高い指導が可能となり、結果的にアスリートのパフォーマンス向上にもつながる可能性があるからです。

また若い世代の監督(コーチ)を育成するための新たなモチベーションにもなり、長期的にはスポーツの競技力向上や国際舞台での活躍に繋がるのではないでしょうか。



オリンピックやパラリンピックのメダリストに対する報奨金について、JOCおよびJPSAから賞金が支給されることは知られています。

オリンピック競技大会におけるメダリストへの報奨金の額については以下の通りです。

オリンピック

[金メダル]500万円
[銀メダル]200万円
[銅メダル]100万円

パラリンピック

[金メダル]300万円
[銀メダル]200万円
[銅メダル]100万円

結構な金額の賞金がもらえるんですね。

この報奨金は所得税および住民税が非課税とされており、メダリストへの顕彰が行われることからも社会的な評価が高いことがうかがえますよ。

選手は頑張った結果として手元にはメダル、そして賞金が入ってきますが…監督(コーチ)にはそういったものがないのが現状のようですね。

オリンピックやパラリンピックの成功はアスリート個人の努力と才能はもちろんですが、その背後にある監督(コーチ)の支援と指導の結果でもあります。

つまり監督(コーチ)にも適切な報奨金を支給し、その努力を評価することはスポーツの発展とアスリートの成功にとって欠かせない要素と言えますね。

日本においても監督(コーチ)の役割に対する理解を深めて報奨金制度の整備を進めることが、今後のスポーツ振興において重要な課題とないでしょうか。

オリンピックでメダリストの監督が得るものは?

オリンピックでメダリストの監督が得るものについては、

名誉

というものが得られるのではないでしょうか。

これまで述べてきたようにメダリストの誕生に際し、監督(コーチ)はカタチとして得るものがありませんよね。メダルや賞状をもらえるわけではなく、賞金だってないんですよ。

ただそれを承知で監督(コーチ)も指導にあたっているわけですので、今さら何もないからと騒ぐわけではありません。とはいえ、何か残らないと悲しいですよね。

そんなメダリストの監督(コーチ)には指導者としての

  • 名声
  • 資質の高さ
  • 実績

というカタチで、[名誉]を得ることができるかと思います。

そしてこの名誉を元さらなるメダリストの育成に携わったり、テレビへの出演やアドバイザーや講演といったカタチで次につなげることはできますよね。

いずれにしてもカタチとして残るものではないけれど、今後に関わる重要なものではないでしょうか。

オリンピックで監督(コーチ)もメダルもらえるのかまとめ

  • 監督(コーチ)にメダルは授与されない
  • 監督(コーチ)に賞金は出ない

以上のことがわかりました。

指導者というのはなかなか日の目を浴びない影の役回りではありますが、選手にとっていなくてはならない重要な人物であるということはわかりますよね。

選手と二人三脚で歩んできた監督(コーチ)にも同じように何かあれば、指導に対するモチベーションも変わってくるかもしれません。とはいえ現状では何もないのが普通となっています。

もし今後変わることがあれば、せめて監督(コーチ)にも小さなメダルとかあればいいですね。





error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました