当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

鎌倉の紫陽花2023の見頃はいつ?見るためのおすすめスポットはどこ?

イベント

鎌倉の紫陽花2023の見頃はいつか、見るためのおすすめスポットはどこなのかについてまとめました♪

鎌倉の紫陽花が美しく咲き誇る季節が2023年もやってきました。
そろそろ咲き始めても良いあろう鎌倉の紫陽花2023は、一体いつが見頃を迎える時期なのか気になりますね(*’ω’*)

この記事では

  • 鎌倉の紫陽花2023の見頃はいつ
  • 鎌倉の紫陽花2023を見るためのおすすめスポットはどこ

についてわかりやすくお知らせします。詳しくは本文でお伝えしていますので、ぜひご覧ください。

鎌倉の紫陽花2023の見頃はいつ?

鎌倉の紫陽花2023の見頃はいつなのかについては以下の通りです。

6月上旬頃〜下旬

鎌倉の紫陽花2023の見頃は6月なんですね(*’ω’*)

毎年鎌倉の紫陽花2023はヤマアジサイやガクアジサイが5月下旬頃から咲き始め、そしてその後に西洋アジサイが見頃を迎えます。

鎌倉にはたくさんの紫陽花の名所が存在します。
鎌倉のお寺や街並みを彩る紫陽花の姿は、初夏の到来を感じさせてくれますよ。

鎌倉の紫陽花は様々な色や形を持つ美しい花を楽しむことができますよ。
青・紫・ピンク・白などの鮮やかな色合いや、球状や平べったい形の花が特徴です。

鎌倉市内には多種多様な紫陽花が街を彩り、梅雨のジメジメとしたイヤな気分を吹き飛ばしてくれるほど美しく咲き誇っています。

また鎌倉の紫陽花は多くの観光客や地元の人々にとって魅力的なスポットです。
紫陽花を見ながら散策することで、鎌倉の名所や風景を楽しむことができますよ。

これはぜひ見ておきたいですね。
しかしながら一体どこで鎌倉の紫陽花2023が見られるのか気になります。

鎌倉の紫陽花2023を見るためのおすすめスポットはどこ?

鎌倉の紫陽花2023を見るためのおすすめスポットは以下の通りです。

明月院

別名『あじさい寺』として親しまれている明月院は言わずと知れた鎌倉の紫陽花スポットです。
境内には約2,500株のあじさいが群生しており、見頃の時期には「明月院ブルー」と呼ばれる美しい青色が辺り一面を彩る幻想的な光景を見ることができます。

5月23日時点では色づき始めの淡いブルーだということですので、こちらも6月に入ったら素晴らしい青色の世界を見ることができるのではないでしょうか。

長谷寺

長谷寺は鎌倉でも有名な寺院であり、多くの紫陽花が境内に植えられています。
特に紫陽花のトンネルは人気の撮影スポットとなっています。

5月26日時点での開花状況は鉢植えの紫陽花は見頃を迎えています。さらに散策路の一部も見頃になっていますよ。
全体で1〜2分咲きとのことですので、このままいくと恐らく5月下旬頃から見頃になるのではないと予想されます。

極楽寺

極楽寺は紫陽花の名所として知られ、多種多様な紫陽花が楽しめますよ。
境内には池や石段もあり、風情のある風景を撮影することができます。

5月26日時点での開花状況は山門前の紫陽花が色づき始めたそうです。こちらの見頃は6月入ってからではないかと考えられます。

成就院

成就院と言えば海の見える参道で有名です。その長い参道から見下ろすと紫陽花と海のコラボレーションを楽しむことができます

5月28日時点での開花状況は、例年より早く紫陽花が色づき始めているそうです。
ただ色づきは早いのですが、例年より小ぶりの紫陽花になっています。

御霊神社

江ノ電と紫陽花の絶好のコラボ撮影スポットとして有名な御霊神社は、鳥居の前を江ノ電がすれすれに横切るおもしろい神社ですよ。

5月26日時点での開花状況は線路脇から移された参道の鉢植え紫陽花が色づき始めました。
見頃を迎えるのはもうすぐですね。

もちろんこの他にも高徳院や鎌倉宮などでも紫陽花をみることができますが、やはり見頃は6月に入ってからと考えられます。

もうすでに紫陽花調査隊が出られていますね。
すでに美しいですが、これから見頃を迎えるともっと美しく咲き誇りますよ。

鎌倉の紫陽花2023の見頃はいつまとめ

  • 6月上旬頃〜下旬
  • 明月院・長谷寺・極楽寺・成就院などの社寺の紫陽花がおすすめ

以上のことがわかりました。

鎌倉の紫陽花2023は江ノ電に乗りながら「車内から見る紫陽花」というのも素晴らしいですよ。

様々な楽しみ方ができる鎌倉の紫陽花2023は見に行く価値ありの素晴らしいものですよ。
憂鬱な雨の季節ですが、雨に映える紫陽花というのもなかなか乙なものです。

鎌倉の紫陽花2023が気になる方は、ぜひとも開花状況にあわせて鎌倉に足を運んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました