当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

白髪の原因はストレスでコロナも関係?黒髪に戻る可能性と白髪の対処法は?

日常

男女関わらず最近白髪が増えて、頭がとても気になると感じませんか?白髪の原因ストレスが関係しているのですが、そのストレスの1つにはコロナも関係していそうなんです。私自身もここ数年で白髪が急激に増えました( ;∀;)しかも私達日本人は黒髪なので、白髪1本あるだけでかなり目立って気になりますよね。今回は白髪について調べてみました。

白髪の原因はストレスでコロナも関係?

白髪の原因で考えられるのはストレスからが多いようですが、そのストレスの原因はコロナで世の中が変わってしまったのも一因のようです。コロナで不安を感じて、「夜眠れない=疲れる=体に変化(太る・薄毛・白髪)=ストレス」という負のスパイラルに陥ってしまっている方も多いかと思います。このストレスによる体の変化で、白髪が増えてしまった可能性はありますね。実はこのストレスで増えてしまった白髪…決して抜いたりしない方が良いんです

白髪の原因がコロナのストレスだった場合は黒髪に戻る可能性も?

実はストレスを解消すると白髪が黒髪に戻ることがあるようです。これはアメリカコロンビア大学の最新の研究によってわかったことなんです。アメリカコロンビア大学ではある女性の髪色とストレスについて研究を行っていました。そのデータによると

「強いストレスを感じ始めると髪の色が急速に抜け始めて白髪へと変化。ストレスがかかり続けた期間は白髪のままであることがわかりました。しかしストレスが和らぐのに伴い、髪の色が元に戻った」ようです。

また休暇を取って出掛けただけで5本の白髪が黒髪に戻ったという人もいたそうです。
見つけるとついついプチっと抜いてしまいたくなる方も多いかと思います。実は私もしばらく抜いてしまっていました(;^ω^)ただ黒髪に戻る可能性を考えたら、実は抜かない方がいいんです。

白髪の原因がコロナのストレスだった場合の白髪の対処法は?

じゃあ白髪はいつか黒髪に戻るってことかな?

実はこれについてこんな注釈もあるんですよ。

アメリカコロンビア大学では「すでに白髪になった70歳の高齢者がストレスを軽減させても髪の色が元に戻るわけではないし、10歳の子供がストレスによって閾値を超えて白髪になることも考えにくい」との見解を示しています。つまり年齢と共に増えた白髪生まれつきの白髪ストレスを解消しても減らないということです。
ただストレスと白髪の発生が深く関係しているのは事実です。白髪は過度なストレス以外にも老化・睡眠不足・栄養不足など様々な原因で増えるとされます。老化以外で発生した白髪であれば、決して抜かないようにして希望を持って様子を見てもいいのではないかと思います。
ちなみに私のかかりつけの皮膚科の先生には「白髪を抜いたから白髪が増えるということはない!それは迷信だから」と言われました(笑)ただ抜いたことで薄毛の原因になり、またそれがストレスの原因の元になるから決して抜かない方がいいとお話されました。とても腑に落ちる理由だったのも、私が白髪を抜くのを止めた理由の1つです。コロナでストレスばかりの世の中ですので、せめて自分で自分にストレスを与えるのはやめてあげましょうね。

タイトルとURLをコピーしました